スーパーナチュラルな兄弟with天使に幸あれ

スーパーナチュラルの感想をつらつら 天使と兄貴中心に愛でてます

シーズン15 シリーズ終了の発表をうけて



 正直まだ気持ちの整理がついておらず、内心浮き沈みが激しいジェットコースター状態なのですが今の心境を吐露したくなったのでここへ。

 「まさか」という思いが第一印象。スパナチュに出会ってまだ数ヶ月しか経っていない私には、昔から追っている方のように「とうとう」という思いは余りありませんでした。「海外ドラマ界のサザエさん的存在」と誰かが言っていたけど本当にそうで、いつか終わりが来ることは分かっていたけどそれは遠い先の話だと思っていました。まだまだ兄弟とキャスの旅路を観ていたいと強く思ってしまいますし、十分人気はあるのになんでなんだという疑問もあります。ですが、どんどんシーズンを重ねていく内にネタ切れやマンネリ化の指摘を受けていることも理解していました。ばっさり打ち切りで終わる海外ドラマが多い中、自らの幕引きを選択出来たスパナチュはとても幸せな作品だといえるのでしょう。

 終了が発表されてから、これまでスパナチュに携わってきたキャストの皆さんが続々とTwitterを更新していて、そのコメントの数々に「ああ、スパナチュは本当に愛されている作品なんだ」と感じずにいられませんでした。 #SPNfamily が添えられた大勢のスパナチュファンのツイートからも、この作品が人々に与えた影響の大きさを感じることができました。

 スパナチュは突き詰めて「家族」を描いたドラマ。たった2人の兄弟が背負うには余りにも大きく残酷な運命を幾度も乗り越えて、サムとディーンは視聴者に彼らの「家族」を示してくれました。スーパーナチュラルは米国のSFジャンルの中で最も長く続いたドラマになるそうです。シーズン1、2で打ち切りが囁かれていたこのドラマをそこまで押し上げたのは間違いなく、ジェンセン・アクレスとジャレッド・パダレッキという2人のJのイニシャルを持つ役者です。W兄弟を演じたのが彼らでなければ、サムとディーンはこれ程までに魅力的な人物にはならなかったでしょう。15年という年月をこのドラマに捧げてくれた2人。彼らがこれまでサムとディーンとして生きてくれたことに感謝の念が尽きません。本当にありがとう。

 J2が決断した壮大な叙事詩の終わりが一体どんなものになるのか。まだシーズン12を視聴中の私には想像が出来ませんが、きっと始まりにはいつものようにカンサスのCarry On My Wayward Sonが流れるのでしょう。兄弟の行き着く果てがどうか、どうか、幸せなものであることを祈っています。SPNfamilyforever.

 

 スーパーナチュラル生みの親

 エリッククリプキのツイート

「SPNファミリー、覚えておいてほしい:ドラマは終わる。でもファミリーは永遠だ。それは、君たちがここで創り出した、決して変わることのないものなんだ。キャストとクルーと、このファミリーの君たち殆どみんなに、僕の全ての愛と感謝を」

しゃこSrei@SreiVaenta さんの訳より。

 

 

 こんなに真面目に書くつもりはなかったんですけどスパナチュへの感謝の気持ちを込めたらこうなってしまった。小綺麗なことを言ってもやっぱりまだ終わって欲しくないよおお…。コミコンもハリコンもまだ行けてないのに…。うわああああああ!! Twitterにあがるスパナチュの写真見ると涙がどばぁッと出てきてもう…。゚(゚´Д`゚)゚。  ジャレッドはどうか役者を辞めないでくれえぇ!スパナチュが終わってもJ2とミーシャの演技が見たいんだ…。欲を言えば共演して欲しいんだ…。うううううう…スパナチュ愛してます。゚(゚´Д`゚)゚。

 

初めての方へ 当ブログについて

・管理人は関東在住の大学生です。

・拙い文章ですが海外ドラマ『スーパーナチュラル』の感想を記事にしています。

・内容はあくまで感想なのでかなり端折ってます。詳細なストーリーを知りたい方は申し訳ありません。私が感じた(萌えた)ポイントについてツっこんでいる自己満記事になります。

・基本的に視聴は一度しかしていません。視聴しながらその都度メモをとってるのでもしかしたら内容に間違いがあるかもしれません。

・視聴を始めたのは米本国でシーズン14が放送中の時期ですのでかなりの新参になります。

・今のところシーズン8の途中からシーズン12の途中までの感想を掲載中です。(所々抜けてるエピソードあり)

・ほぼほぼ吹き替え視聴です。が、キャスの台詞に関しては英語音声/日本語字幕も確認。(ミーシャの声が好き)

・管理人はいわゆる腐をかじっているので文章からそこはかとなく感じることはあるかもしれませんが、あくまでノーマルを意識して書いています。ちなみに兄弟よりも天使(と兄貴)贔屓です。

・ネタバレは見ないようにしているので先の情報は知らずに書いています。感想自体はガッツリネタバレしてます。ご注意ください。

 

※2019/3/26 加筆。

※2019/4/5 加筆修正。

season11 ep21 神の思惑 感想

あらすじ

アマラが、どのようにしてルシファーに拷問をかけているかをディーンに知らしめる。そして、カスティエル(ルシファー)の身を心から案じるサムとディーンは、恐ろしい拷問を受けている彼をアマラのもとから救い出すために、ある計画を思いつく。(Amazonより)

 

・神に会えて感激のサム。動揺がすごい。

・神だという証明の為にケビンの魂を天国へ送るチャック。久し振りの登場!てかケビンはまださ迷ってたんか。

・感激のサムと違い暗い表情のディーン「なぜ放置した?」今まで誰が何度祈っても反応がなかった神に理由を求める。

・やり切れなさからか涙を流すディーン。ここのディーンの泣き方とても好き。今までの涙とは違う。

チャック「あえて突き放した。自力で行動して欲しかった。」

ディーン「捨てた言い訳にしか聞こえない」

チャック「お父さんと混同するな。」強烈…

・その頃ルシファー(inキャス)はアマラにボコボコにされる。

・サム、神に向かって「すごい家族ですね」ww

チャック「ルシファーは最も期待していたが手酷く裏切られた」

・ディーン、神に対して「うるせえ!!」ww

・神を前にオタクの血が騒ぐサム。

・新人預言者ドナテロ。これまでの経緯を兄弟から説明される。短時間に詰め込みすぎだわwwテンポがよすぎるw

無神論者のドナテロ。初めてあった神はパンイチでした。

メタトロンから神の自叙伝について聞かされるサムディン。メタトロン「神は御自身を犠牲にする気だ」前話ラストのメタトロンの表情の意味がここで判明。

・自叙伝は遺書だった。

チャック「ダークネスから人間を守る盾になれ。その為に生かした。」ディーン絶句。

・最後ルシファー(inキャス)を奪還するためにメタトロンが囮になり死亡。

 

 前話から株が急上昇していたメタトロン。神と人間たちの為にその身を犠牲に。ここまで評価が180°変わった人物は初めてでは。メタトロンを演じたカーティスは役のせいでファンからバッシングを受けた事もあったそうで、最期はいい人で終われて良かった。

 初登場の預言者ドナテロさん。何気に好きなので早々に退場しないでくれると嬉しいなあ(きっと叶わぬ願い)。

season11 ep19 ep20 感想

ep19「恐怖のさえずり」あらすじ

コロラド州の小さな町で、きっちり27年ごとに不可解ないくつかの失踪事件が起きている。サムとディーンは、その事件を調査し失踪にまつわる謎を解き明かすために町を訪れる。兄弟は、そこで、これまでに会ったことのない二人組のハンターに出会い、やがて、そのハンターたちが一世代に一度現れるという怪物たちに対して強い復讐心を抱いていることが明らかになる。(Amazonより)

 

ゲイのハンター夫婦が登場。いいなあこのカップル。ハンター生活は大変な事が多いのに2人が醸し出す空気はすごく幸せそう。 長年の復讐を果たしきれいさっぱり化物退治から足を洗うというカップル。ハンターとして理想的な幕引きだと思う。兄弟もいつか足を洗って危険とは無縁な生活を送って欲しいものだけど、きっと生涯現役なんだろうな。見晴らしのいい土地に一軒家建てて2人で暮らす姿を見たいです(願望)。キャスもたまに来るとなお良し。

 

 

 

ep20「チャック 再び」あらすじ

アマラが小さな町に黒い霧を放ち、そのせいで町に住むすべての人たちが体に異常をきたす。サムとディーンは、その原因が、以前アマラが放ったことのある黒い静脈ウイルスよりも、もっと強力で恐ろしいウイルスなのではないかと気づく。兄弟は、地元の保安官と協力して町を守ろうとするが、昔の治療法は、もはや全く通用しなくなっていた。そんな中、チャック・シューレイが興味深い提案を携えて彼らの前に現れる。(Amazonより)

 

メタトロン大活躍の巻

 

・前々から匂わせ(s5 ep22、s10 ep5)はあったけど満を持してのご登場。神様はチャックでした。s5 ep22で公然と姿を消したのは視聴者に考察の余地を与える為(音声解説)。

・捨て犬になけなしの食料を分け与えるメタトロン。そういえば今は人間だったか。仄かな優しさが芽生えてきてる様子。

メタトロン「もうたくさんだ!」叫んだ途端別世界へワープ。

・チャック登場。マグカップには“ 世界最高のパパ ”。最高の皮肉。

メタトロン、ビール注ぐの下手すぎて9割泡。音声解説でも話のネタに。

メタトロンはチャック=神にまだ気づかず。スーパーナチュラルを酷評する。

・待ちに待った神降臨シーン。もっと威厳ある登場にしてくれよw 指でスイッチONするのはしょぼいぞ。

・神だと分かった途端スーパーナチュラルを絶賛するメタトロンwしかし手遅れ。必死で十字架を何度も切るのはアドリブ(音声解説)。

フレンドリーすぎる神 「チャックと呼んで!」

・ディーンはまたサムにイタズラ。サム「ビール垂らしてアイロンかけるなって言っただろ!」このシーンを考えたのはJ2 (音声解説)。

・神は音楽とナチョチーズがお好き。

チャック「あんなの(アマラ)どうでもいい」お前が発端なんだぞちゃんと責任持て。どんどん話に切り込んでいくメタトロンいいぞ!その調子だ!

・神、ブログ始めました。チャック「猫って可愛いよね」

メタトロン「読者が知りたいのはチャックになったことではなくもっと他の事です!」その通り!メタトロン初めて君に共感できた!

メタトロン「大天使について書かれたのは2段落だけだ!あれだけの働きをしたのにたったの!」可哀想すぎる大天使。そりゃルシファーグレるわ。

チャック「ルシファーは悪党ではない」そこは否定するのか。別に嫌いではないということ?やはりルシファーが言っていた通り神は突き詰めて無関心なのか。

・やっとここまでメタトロンが延命されてきた理由が分かった。このためか。

・そもそも何故命を創ったのか。チャック「孤独だったから。僕は“ 有 ”姉さんは“ 無 ”だ。闇と光以外のものを見せたかった。消し去るこの虚しさに気がついてくれるかと。しかし彼女は想像の邪魔をした。」

・アマラは世界を闇にした後ディーンと2人だけで生きるつもり? なにそのはた迷惑なランデブー。

・やはりW兄弟とキャスは神に愛されていた。なんともありがた迷惑な話。

・神に対して「あなたは臆病だ」と発破をかけるメタトロン

・アマラによる世界滅亡計画が本格的に始まる。

・あんなに人間を馬鹿にしていたメタトロンが人間を擁護してるのにびっくり。人間になってからメタトロンは本当に変わった。「(神を)失望させた私はいいが何故人間を見捨てた?あなたが創った最高傑作だ。あなたよりも遥かに優れている!」

メタトロン「人間の一番の長所は諦めない心。あなたは諦めた!」W兄弟のことか。ああ…とうとう涙を流すメタトロン

・うだうだ御託を並べる神。いらいらすんなあこの神!!

・シーズン5 エピソード16で兄貴に捨てられたサミュレットが6シーズンぶりに戻ってくる。突然出てきたように見えたサミュレットは小道具さんが下から差し出してる(音声解説)。あの時は最終戦争を前に神が地上を見捨てたと分かり皆が絶望していた。ようやく救いの手が差し伸べられる。うう…感動。

・神、本領発揮。アマラの攻撃により死んだ全員を生き返らせる。

・とうとう兄弟の前に姿を現したチャック。「まずは話をしないとな」

 

 

 これまで散々クズな行いをしてきたメタトロンは今回それを帳消しに出来るくらいの善行をやってのけた。神に説教して改心させるなんてお前ってやつは……!よくやった!

 やはり神はチャックだった。予想はしてたから驚きは無かったけどようやくの登場でテンション上がる!シーズン4の18話(預言者チャック登場)を見返したくなるね。

 長らく謎の存在だった神が堂々と登場できるようになったので今後の進展に期待。

 

 

音声解説

脚本/ロビー・トンプソン

チャック役/ロブ・ベネディクト

メタトロン役/カーティス・アームストロング

 

・チャックとメタトロンの会話はspn史上最長。

・エピソードテーマは神の暴露本。

・原稿を放り投げるシーンは思いつき。

・二人とも舞台出身。

・アドリブ合戦。

・チャックが使っていたパソコンはシーズン4当時のもの。

・バーから移動した大自然のシーンは本物。このシーンから撮り始めた。

メタトロンの台詞「選んだ理由はなんであろうと、あなたが私を選んだ。」メタトロン役のカーティスは脚本を読んで初めて涙を流したと絶賛。

メタトロンの本質は父親を責める子供。

・チャックがメタトロンを吹き飛ばすシーン。怖い父親が戻ってきてほっとする心理は虐待を受けている子供のものに近い。無関心よりも暴力の方がまし。

・神がメタトロンを書記に選んだ理由。「ドアの近くにいただけ。」“ ドア ”はチャック役のロブのアドリブで付け加えられた。本当にその程度の理由だったのだと強調するため。

・サムディンが霧の侵入を防ぐ為にダクトを塞ぐシーンで「マスキングテープはW兄弟に欠かせないんだw」

・ディーンが「クソ野郎!」と呼んだのは神ではなくアマラに対して。

・チャックが弾いていたギターは自前。

・ラストシーンに近づくにつれどんどんミスが無くなっていった。

「ラストのメタトロンの表情の意味は後でわかるよ」

 

※2019/3/26 加筆。

season11 ep18 地獄の天使 感想

あらすじ

ルシファーが天国に戻ってくる。そして彼が、天国における自分の権利を主張しようとした時、権力争いの口火が切られ、壮大な戦いが繰り広げられる。そんな中、クラウリーは、自分がアマラを打ち倒す方法を知っているのだとサムとディーンに話していた。(Amazonより)

 

・おいおいあんなに取引は守ると言ってたじゃないかクラウリー。あっさり破って殺したぞ。ルシファーに屈辱的な行為を受けて以前の極悪非道さが戻ったか。久しぶりに冷酷な面を見た。流石地獄の王。

・前から思ってたけど天使の剣は流通し過ぎじゃない?管理どうなってるの。

・妖艶コンビのアマラとロウィーナ。

アマラ「クラウリーおじさん」

大人になっても呼び方はそのままなのかw

・ロウィーナはルシファーに殺された仕返しをしたい。

・自分の体内に魔法の小箱を入れて置いたので自力で生き返ったロウィーナ。流石天才魔女。

・クラウリーと対ルシファーについて話し合うサム&ディーン「条件は?」綺麗なハモリ

・ルシファー、悪魔を束ねておきながら天使を助けたいとぬかす。

・ルシファー(inキャス)「神と呼んでくれ」ふざけんな

・ルシファーの禁句「神に捨てられた」

・キャスについての見解の相違。ディーンはキャスが嫌々器になったと思っていてサムはキャスの望みだと思ってる。ディーンは別の器にルシファーを移したいけどサムはそんなリスクを負いたくない。

・キャスの器の体のことを「あれ」と呼ぶサムにキレるディーン。「キャスは家族だぞ!」

これはディーンがキレる理由分かるわサム…その言い方はない…。ルシファーに粉々にされた時にジミーの魂は天国へ行ったから実際もうキャスの体な訳で。

サム「情に流されないで理性で考えよう」

ディーン「他人事みたいだな。キャスは家族だ!」

サム「だからこそ選択は尊重しなきゃ」

ディーン「死ぬことになってもか?」

サム閉口。

 でもサムは正直死ぬことになってもキャスの意思を尊重しそう。栄誉の死だと思ってそう。やっぱりサムキャスはキャスディンほど絆深くないんじゃないかな。勿論出会った当初よりはかなり深まったけど。キャスがシーズン4で地獄から救い出したのはディーンの魂。ディーンはあの時の恩があるからね。

・アマラを必死でよいしょするロウィーナ。強大な力を前に怯えがでる。

・アマラ、天界へ怒りの一撃。つ、つよい。

・ルシファーは父親に捨てられてグレてる子供そのもの。

・ロウィーナ、アマラから乗り換え。地獄親子と兄弟の共闘。

・えっルシファーって他の悪魔みたいに呼び出せるんだ。

・キャスと兄弟、聖なる炎越しの会話。シーズン6のトラウマシーンとダブって辛い…。

・キャスを助けるためにルシファー(inキャス)にクラウリーが入る。シーズン9でサムからガドリエルを追い出す為に使った手と同じ。

・すっかり腑抜けてルシファーに飼い慣らされてるキャス。バンカーでテレビ三昧。クラウリーの説得にも聞く耳持たず。だがディーンの話題を出されると「ディーンも追い出したがってるのか?…へぇ…」 その意味深なへぇの言い方よ!お前ほんとディーンのことばっかだな!ディーンが言うならとかさあ!クラウリーに同情するわ…キャスめ。クラウリーの心配してあげろや。テレビばっか見やがって…!(口が悪い)

・クラウリーのおデコは伝言板にもなります。

・クラウリーを小物だと言うルシファー。お前も傍から見たらただの反抗期のガキだぞ。

・ピンチの時に登場したのはアマラ姉さんでした。状況だけみたらヒーロー。

・ルシファーに神の手で攻撃されるもアマラ無傷。

・ルシファーを連れて消えるアマラ。ディーンの「キャス…!」が辛い。

・アマラ、ドアップでもとてもお美しい。

 

 

 ダークネスの強さが規格外すぎてルシファーが小物に見えちゃうんだけどダークネスがおかしいだけ。もうこれ倒せるのは神だけでは?それか檻の中のミカエルを出すとか…?でもそうなると器は兄貴になるだろうしそうなるのは勘弁…。

 前にも言ったけどミーシャは演技大変だろうな。ルシファーとキャスの意識がいったりきたりする所は特に。

season11 ep17 覚悟の死 感想

あらすじ

サムとディーンは、ペアの人狼と戦う。彼らは、二人の人間を捕らえ、えじきにしようとした人狼だ。ウィンチェスター兄弟は実力を出し尽くしてよく戦ったが、兄弟がまさに勝利を収めようとしたその時、サムが人狼の一人に撃たれてしまう。弟と二人の犠牲者を家から連れ出そうとするディーン。だがそこには、人狼が群れを成してディーンたち全員を殺そうと待ち構えているのだった。(Amazonより)

 

・サムが見つけた狩りに気の乗らない様子のディーン。

 

サム「…キャスは戻せるよ」

ディーン「どうやって?」

 

 やはりディーンはキャスの事がきにかかる様子。ep15 サム「キャスは戻りたくないかも」ディーン「戻りたいさ」と対照的。

・狩りの最中に狼人間に撃たれてしまうサム。ディーンが弾を摘出しサムは死にそうになりながらも自分で止血。すごい。

・捕えられていた新婚夫婦を解放し4人で逃げることに。

・しかし「容態のひどいサムは置いておくべき。3人なら助かる。」夫が言い出しディーンブチ切れ。

・サムの担架を作る為にディーンがいなくなった隙にサムを絞殺する夫。妻を助けたいが故とはいえどうかしてるぜ

・サム、何度目かの死亡。今回の死因は窒息死。

・サムの亡骸をみて静かに涙するディーン なんて美しい泣き顔なんだ…。゚(゚´Д`゚)゚。

・無事に逃げられた3人は病院へ。ディーンは肋骨2本が折れながらも超元気。すごい(2度目)

・サムを殺した夫は何やら様子がおかしい。実は狼人間に噛まれていた。

・サムを諦められないディーン。自殺をし死神を呼び出し取引を持ちかける(お約束)。

・ディーン今回の死因、オーバードーズ

・薬を流し込む為に飲んだのって何かの薬品じゃない?明らかに紫色してるんだけど。おいおい…。分かってたけど弟の為ならどんな事でもする兄貴。

・死神との取引の前に何故か生き返るサム。実は仮死状態だった。すごい(3度目)。サムの生命力はんぱないって。

・瀕死のディーンを救命する女医さん「まったく…(なんて事してるの)」その通り。もっと言ってやって下さい。

・瀕死の自分を見て幽体ディーン「仰向けにしろ、点滴をさし安い」お前が言うな

・死神のビリー登場。

・ディーン、サムが生きてると知り呆然。

・ビリーがディーンを虚無へ連れて行こうとするも女医さんの注射一撃で奇跡の復活。すごい(4度目)

・腹に穴を開けながらも狼人間2匹を仕留めるサム 。すごい(5度目)。その後運転までこなす。すごい(6度目)

・サム、ディーンに電話し夫が狼人間だと伝えようとするも圏外に。

・狼人間になった夫は人を襲い始める。腕が人体貫通してる状態で「怖がらないで」と言われても…。

・夫(狼人間)に襲われる兄貴を寸前で助けるサム。かっこいい…!

・意気消沈する妻を慰めるディーン。

妻「遺された者は行き場がない」

そうだよね…。spnは遺される人が多すぎる。

・サム「ぼくが死んでた間なにしてた?」

兄のことなら全部お見通しの弟。

 

 

サム大活躍の巻。

どうせ生き返るんだろうとは分かっていても兄弟が死ぬシーンは見たくねぇです…。サムの亡骸を見るディーンの様子が辛かったなあ。デス様を殺して死神のビリーから虚無の話をされていたからいつかこういう展開になるとは思ってたけどひやひやする。兄弟のパワフルすぎる生命力にも驚かされた。さすが何度も死んでは生き返ってる男達。

season11 ep15 栄光の陰で 感想

あらすじ

 ディーンは、子供の頃サムと観ていたレスラーの死亡記事を見つける。ダークネス(闇)の追跡をひと休みしようとしていたサムとディーンは、レスラーの葬儀に参列する。葬儀には、気性の激しい有望な新人やベテランの大物まで、大勢のレスラーがいた。そんな彼らを見たサムとディーンは、子供の頃の興奮を味わおうとレスリングの試合へ足を運ぶ。だが、そこでレスラーが遺体で発見されると“遊び時間”は即座に終了するのだった。 (Amazonより)

 

・ダークネスを倒す手段もキャスを救う方法もなかなか見つからない兄弟。

 

サム「キャスは戻りたくないのかも」

ディーン「戻りたいさ。…気がついてないだけだ」

 

サムは前話で少しキャスと会話してキャスの口から器になった理由を聞いてるけど、ディーンにはそれがないからな。潜水艦での出来事とキャスの件で少し参ってる様子の兄貴

・「すっきり!きっちり!ばっちり!」(吹替版)

地獄での標語を作成したルシファー。檻に入ってから性格変わってないかw

・前話に引き続き酷い仕打ちを受けているクラウリー。舌で床掃除させるとかルシファーDQNかよ…

・子供の時以来のプロレスを観る兄弟。ディーンは憧れのレスラー ローレスに会えてテンション爆上げ。少年みたいで可愛い(*´`)

・サムはレスラーよりもマネージャー リオの方が気になる様子

ディーン「天井にポスター貼ってマスかいてたって言ったか?w 弟のことなら何でも覚えてる兄貴

・子供時代の楽しい思い出も狩りで上書きされてしまうハンター人生

・誰もいないリングで1人プロレスごっこを楽しむディーン少年(36) 

・ルシファーの側仕え シモンズ。実はクラウリー派だという。脱出の手引きをする。

 

シモンズ

「あんたは奴隷でも犬でもない。クラウリーでしょ?」

 

・正気に戻ったクラウリー。

「俺は、クラウリーだ」      反 撃 開 始

 

・久しぶりに登場、赤い目の十字路の悪魔。ローレスは悪魔の手先になっていた。

・武器庫に神の手“アモンの杖”を取りに行くクラウリーとシモンズ。そこにルシファー登場。クラウリーはわざと泳がされていた。シモンズも加担。

 

ルシファー「お前はディーンのファンに落ちぶれた」うわあきっつい一言…

 

・絶体絶命かと思われたがそれも全て想定済みだったクラウリー。裏切り返し。常々「誰も信用するな」と口酸っぱく言ってるだけある

・ アモンの杖は1度しか使えずさっさと退散するクラウリー

 

   キャスの顔で振る舞うルシファーにちょっとイライラしていた(苦笑)のでクラウリーの反撃にはすかっとした!よくやったクラウリー!自由の身となったクラウリーと兄弟はこれから対ルシファー戦線を結ぶのかな?ルシファーの言う通りなら地獄にクラウリーの味方はいないようだし頼れるのはW兄弟くらい。クラウリーはルシファーに対して相当恨みが溜まってるだろうし反撃に期待…!

 

未公開シーン

・ローレスが子供にあげたグローブがどうしても欲しいディーン

「マインクラフトのアイテムなんでもつくってやるよ」断られると「…20ドルでどうだ?」しかし結局貰えず。

・本編では強気だったクラウリー。実は公園のベンチにすわり少年を相手に弱音を吐いていた。

「俺は王冠を失った。」「どうすればいい?どこへ行けばいい?」

そこに少年のお母さん登場「(危ない人だから)話しちゃダメよ……!」